地域政調の講演会、公開講座をご紹介します。

第6回市民公開講座-2016年12月1日

☆シンポジウム「男女平等参画社会の前進にむけて」

   北海道地域政策調査会は12月1日第6回市民公開講座「男女平等参画社会の前進にむけて」をホテルポールスター札幌で開きます。

第5回市民公開講座-2016年2月6日

☆シンポジウム 「TPP『合意』を検証する」

─どう守る、北海道の「農」と「食」─

   第3回市民講座「シンポジウム改正農協法を検証する」に引き続いて今回は、TPPの合意内容の点検、政府の政策大綱の評価、持続可能な農業政策の確立、安全・安心な消費生活と食料安全保障のあり方などについて討論します。

第4回市民公開講座-2016年2月2日

☆「アイヌ民族の歴史と文化」

   北海道地域政策調査会は2月2日、アイヌ文化の振興と伝統的な生活空間の再生、アイヌ民族理解の促進にむけ、第4回市民公開講座「アイヌ民族の歴史と文化」をKKRホテル札幌で開きます。

特定非営利活動法人北海道地域政策調査会設立記念講座―2012年6月27日

☆「社会保障・税一体改革」の実現のために

 「社会保障・税一体改革」は、増税賛成・反対論議が政治の争点となり、肝心の「一体改革」の目標が後景に退きつつある。
 財政的制約を超えて、社会と経済をいかに再構築するか──このグローバルな難題は、アングロサクソン型であれ、北欧型であれ、既存の仕組みに解決のモデルは求められない。
 「社会保障改革に関する有識者委員会」座長を務めた宮本太郎氏が、改革のビジョンを振り返りつつ提言する。

日時 6月27日午後6時
会場 ホテルポールスター札幌 2階「コンチェルト」(札幌市中央区北4条西6丁目)
受講 無料

北海道大学院法学研究科教授宮本太郎みやもと・たろう氏
 1958年、東京都出身。立命館大教授を経て2002年から北大大学院法学研究科教授。政府の社会保障改革に関する有識者検討会座長などを歴任。著書に『脱「格差社会」への戦略』(岩波書店)、「生活保障 排除しない社会へ」(岩波新書)、「比較福祉政治」(早稲田大学出版部)など。

お問い合わせはお電話、ファックスまたはメールにてお願いいたします。

住所および連絡先はこちら